2013年8月31日土曜日

艦これ-赤城制作〜前半〜

連装砲ちゃんに続いて赤城さんの衣装制作過程です。こちらは依頼ではなく自分用。 
まぁ、自分よりかわいい本物の女の子が着てくれたほうがみんな幸せな気がするんですがね…せっかく作ったからには自分でも着ますよ、はい。

赤城さんがクエスト消化だけでもらえると聞いて私は艦これを開始し、最初の建造で空母レシピを回してクエスト入手前に速攻でお迎えしたので、まぁ、思い入れがあるというか、最初から常に艦隊内で最大 Lvをキープしております。ネタ要員にされてますが、個人的には普通にかわいいんですがねぇ…。

赤城さん選んだもう一つの理由に目標にしていたワンフェスまでに艦これがここまではやるとは思っていなかったというのもあるんですよ。他にもいろいろ好きな娘はいますが「知らない子ですね」状態になるのが怖くてクエストでみんな知っている赤城さんを一番最初に選んだんですけど…そんな心配はいらなかったようですね。

私が始めた5月半ばにはWoTのクラン内で暇つぶしとして流行りだしていました。その後かわいいので自分でも身内に布教していたし、モバマスで課金疲れしていた人なんかの間ではそこそこ流行るとは思っていましたけど…登録制限とその後の事態はさすがに想定していなかったです。

衣装の制作開始は7月頭ぐらいですかね 。14日のオンリーを目指して、一応形にはなったのですが、後半で制作する矢筒、煙突や甲板の上のループアンテナまでは間に合いませんでした。
まずは甲板、ベースはスチレンボードです。(厚紙の間に発泡スチロールが挟まれているやつ。)ライオンボードでも良かったのですが、5mmでも1m以上の長さだとふにゃふにゃになってしまうのでこちらにしました。形状は維持しますが、強度はあまりないです。コミケで表面に結構凹凸ができてしまいました…。

上のスチレンボードの画像は線を引いた後です。線が見えるように画像加工したのですが、やっぱり見づらいですね。寸法は赤城のプラモデルを上から撮影した画像を適当にネットから拾ってきて測りました^^;

赤城はプラモとかでもそれなりに人気があるので印刷可能な甲板データとかもあったようですが、ポスターサイズで印刷すると高いのと、木目の感じを出したかったので木目シートの上を塗装する形式をとりました。

携帯性を考えて三段式甲板ならぬ三段折りたたみ甲板です。機内持ち込みサイズのキャリーケースにすっぽり入ります。
(改造後ちょっとはみ出るようになってしまったのですが、また入るように再度改造する予定です。)
乾パンの上にカンパンが乗っているのは意図したものではないです^^;; 一枚目を撮影してTwitterに上げてから気付きました。最初は知人のアパートで作業をしていたので、周りのものがあまり写らない位置に持ち上げたらこうなりました…

ここからは場所を変えて塗装に入ります。 一応折れ目の位置に線が入るように設計してあります。 マスキングしながら塗っていきます。
乾燥待ちの間に矢も作っていきます。 特に複雑なものでもないですが、この矢羽のデータは公開していますTwitter)ので、第一航空艦隊の仲間を増やす時は是非使って欲しいです。
ちなみに直径5〜8mmの木材ですとのりしろが広すぎるのでのりしろ部分は半分ぐらいに切っても大丈夫です。
作業は順調に進むのですが、深夜の作業中ここで塗装ミスが発覚!薄め液で落としたなんか、爆撃を受けたみたいになってしまった…。そこらへんに転がってた茶色のオイルパステルで木目は一応書き直しました。
で、気を直して塗装を続けて7月14日のオンリーを迎えました。
えっ、胸当てと前にかけてる方の甲板と衣装の制作過程が無いですって?

・胸当てはライオンボードです
・もう一つの甲板は厚紙にペンキが塗ってあるだけです^^; 
 (夏コミでかなりヘタったので作り直すかも)
・衣装は市販のショート丈巫女服です

…こちらも色がちょっと明るすぎるのでそのうち紅茶に打ち込むかもです…

紅茶を無駄にすると金剛ちゃんが怒るって…? 

最初は100均のティーバッグを使おと思ったのですが、私も紅茶が無駄になるのが許せなくて使用済みの茶葉をためてます、はい。

関連記事